コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

漢方の基礎知識について

和漢胃腸薬とは日本独自の漢方処方による胃腸薬です。漢方処方は細かく分類された原料を、漢方(東洋医学)の理論に基づいて組み合わせることです。漢方の思想や理論を知ることは、和漢薬の理解にも繋がります。ここで漢方の基礎知識について、ご紹介いたします。

陰陽とは

陰陽とは

陰陽説は漢方の根本となる思想で、宇宙における万物はすべて二つの性質に分けられるというものです。

二つのエネルギーは陰と陽で構成され、どちらか一つだけでは存在しません。「陰」は寒冷傾向・女性的・静的・消極的な状態で、「陽」は熱性傾向・男性的・動的・積極的な状態をいいます。陰と陽は正反対の性質ですが、互いに影響し合って常にバランスを取り合おうとしています。

五行について

五行について

五行説は陰陽説を発展させた思想で、宇宙における万物はすべて五つの元素に分けられるというものです。

動的な力や自然のエネルギーの概念といった性質を持ち、「水」「木」「火」「土」「金」を五行といいます。これを臓器に当てはめた表現が五臓六腑で「水」腎(膀胱)、「木」肝(胆)、「火」心(小腸・三焦)、「土」脾(胃)、「金」肺(大腸)となります。

土性を説明すると陽に当たる胃は食物の消化にあたり、陰にあたる脾(脾臓と膵臓)は血液の調整を図ると考えられています。

相生と相剋について

また、五行説には相生と相剋という二つの関係があります。相生は生み育てる関係をあらわし、相剋は打ち滅ぼす関係をあらわします。金(鉱物)から水(鉱水)が生まれ、水は木の栄養となり、木が燃えて火となり、火から灰が生じて土となり、土は金(鉱物)を生むという関係性です。

また金属は木を切り倒し、木は土の養分を吸収し、土は水の氾濫を防ぎ、水は火を消します。漢方はこの陰陽五行説に基づき、人間を大自然の中にある1つの小宇宙として考えるため、全身の状態を総合的に捉える特徴があるのです。

古くから多くの人々に人気があった民間薬の一つとして、陀羅尼助だらにすけ)が挙げられます。和漢胃腸薬のダラニスケは多くの方に愛用され続けて、今にいたっています。ダラニスケは中国最古の薬物書「神農本草書」にも記述があるキハダ(黄柏)が主原料です。キハダは古くから胃腸薬として重宝されていたので、朝廷への貢物としても納められていました。銭谷小角堂では陀羅尼助(だらにすけ)の販売を行っています。胃腸が弱い方や食欲不振の方にはおすすめの和漢胃腸薬ですので、是非お試しください。