コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

胃腸の調子が悪いときのサイン

胃腸は多くの食べ物や飲み物を受け入れるタフな臓器です。しかし感情やストレスに敏感に反応するなど、デリケートな臓器でもあります。ここで胃腸の調子が悪いときのサインについて、いくつかご紹介いたします。

とても疲れやすい

とても疲れやすい

疲れには個人差があり、疲労感の定義も人によって違ってきます。しかし「とても疲れやすい」と感じることが多い場合は、睡眠や癒しなどの「休み」を求めていることが多いです。

胃腸の調子が悪いときも、疲労感が多くなります。暴飲暴食や夜食などが引き起こす「内臓疲労」は、胃腸を休ませることが先決です。

具体的な改善方法として就寝前の飲食は控える、消化に良いものをとるなどが挙げられます。できるだけ睡眠中に内臓を休ませるようにし、胃薬漢方薬を活用してみてはいかがでしょうか。

ニキビが多い

ニキビが多い

一般的なニキビの原因として、生活習慣やストレスなどによって皮脂分泌が過剰になるからといわれています。しかし、胃腸の調子が悪いときもニキビが多くなります。胃腸の調子が悪くなると消化活動が悪くなり、消化不良となった食べ物が毒素になる可能性があるからです。

大量の毒素は腎臓や肝臓だけでは処理できないので、毛穴から体外へ排出しようと試みます。このときに毛穴が被ったダメージが、ニキビになると考えられています。ニキビの発生を防ぐためにも胃腸の調子が悪いときは胃腸への負担を軽くすることが大切です。

チョコレートやケーキ、揚げ物やマーガリンなどは控え、栄養バランスが良い食事を心がけましょう。また、お肌の健康に関わるビタミンCなどを摂ることをおすすめします。

体重が減った

運動やダイエットを行っていないのに体重が減ったら要注意です。胃が食べ物を受け付けられないため、食べる量が自然と減った可能性があります。このサインを見逃したあとに痛みや不快感が生じ、漢方薬や胃薬などの市販薬でも効果がなければ、病気のおそれもありますので注意が必要です。体重が減ったら胃腸の負担を軽くしたり、生活習慣を見直したりするなどの方法を試してみてはいかがでしょうか。

胃腸薬の中でも漢方薬はランキング上位になるほど人気があります。銭谷小角堂は昔から胃薬として人気のある奈良の伝統薬「陀羅尼助」を販売しています。胃腸のお供として、是非ご活用ください。また銭谷小角堂は、女性に人気の雑貨や民芸品、お菓子なども販売していますので、奈良県吉野郡天川村・洞川温泉にお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。