コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

海外の水道水には要注意

蛇口をひねればいつでも飲める日本の水道水、安心して飲めるのが当たり前だと感じている私たちにとって、海外の水道水と日本では大きな違いがあることをご存知でしょうか。

海外の水事情とは

海外の水事情とは

日本では水道水を調理や飲料水として口にしていますが、先進諸国で水がきれいだと言われている地であっても、水道水を直接口にするのを避けています。一旦煮沸をしてから調理に使う、もしくは料理には水道水を使用しないということが当たり前の国も多くあるのです。

なぜなら、海外の水道水は消毒が不十分で、雑菌がたくさん入っていることもあるためです。そこで暮らす人々は、その雑菌に対して免疫ができているため飲んでも問題ありませんが、他の国の人はこの雑菌に対する免疫ができていないためお腹を壊してしまいます。

そのため、日本人はバイ菌に対する抵抗力がとても低く、体調不良などを引き起こしやすいのです。
特に日本は除菌に関して高い意識を持っているということもあり、細菌に対する抵抗力が弱くなっていると言われています。

日本の水との違い

日本の水との違い

日本では、法令に基づいて水質基準が決められています。原水に含まれている菌を殺菌するため、塩素が加えられているので安心して飲むことができます。また、日本の水道水は一部を除いてカルシウムやマグネシウムの量が少ない軟水のため、口当たりがまろやかで美味しいのが特徴です。

一方、海外で飲まれている水は高い硬度のものが多く、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量がとても多いのです。一度に多くのミネラル成分を含んだ水を摂取すると、腸への刺激がとても強く下痢などの原因に繋がってしまいます。

そのため、軟水に慣れてしまっている日本人は、ペットボトルに入った水でも海外ではお腹を壊す可能性が高いということなのです。

海外の水でお腹を壊した時には漢方を

せっかくの海外旅行や大事な海外出張で、お腹を壊してしまうのは避けたいものです。海外で急に体調が悪くなっても、現地で薬を調達するのは難しいでしょう。海外によっては日本人が飲む薬の量とは大きく違う量を飲むこともあり、日本人には合わないこともあります。

そのため、海外に行く際には漢方薬を常備することをおすすめします。漢方薬は即効性が低いとお考えの方も多いですが、胃腸薬では即効性が期待できます。漢方薬を常備しておけば、急な体調不良でも安心です。

通販で和漢胃腸薬をお探しの方は、銭谷小角堂をご利用ください。銭谷小角堂では、和漢胃腸薬「陀羅尼助丸(ダラニスケガン)」を販売しています。陀羅尼助(だらにすけ)は、胸焼けや嘔吐、食べ過ぎ、下痢など胃腸の負担が大きい方に人気の和漢胃腸薬です。海外のお水が体に合わずお腹を下してしまう方にも選ばれていますので、お気軽にご利用ください。