コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

胃腸が荒れると起こる症状

飲み過ぎや食べ過ぎ、ストレスなど様々な原因で胃腸は荒れてしまいます。人によって胃腸が荒れた時に起こる症状は異なりますが、そのまま放置しておくのは危険です。では、胃腸が荒れるとどのような症状が起こるのでしょう。

吐き気・嘔吐

吐き気・嘔吐

食べ物は食道を通って胃に入り、十二指腸へと流れていきます。
しかし、食べ過ぎや飲み過ぎなどによって胃に負担がかかると、胃粘膜に炎症が起こってしまい、胃の運動が逆に働いてしまうことがあります。すると食べたものが胃酸と一緒に逆流し、吐き気をもよおした結果、嘔吐してしまうこともあります。

ゲップが出る

ゲップは、飲み込んだ空気が一定の胃内圧を超えることで起こります。食後のゲップは心配いりませんが、頻繁に出るという場合には、胃が荒れてガスが溜まりやすくなっているということが考えられます。

特にゲップの臭いがきつい場合には胃が荒れている証拠となるので、回数だけではなく臭いにも注意してください。
胃酸がこみあげてくるような酸っぱいゲップをした場合には、胃潰瘍や十二指腸の可能性も高いため、胃に痛みを感じなくても医師に相談することをおすすめします。

口内炎

口内炎

口内炎は体調を崩した時にもできやすく、特に口内炎をよく繰り返すという方の中には胃腸が弱い方が多くいらっしゃいます。

口は胃への入り口のため、胃の調子が悪いと口やその周辺に影響を与え、口内炎ができやすくなるのです。また、ストレスを多く受けた場合にも胃がキリキリと痛みますが、そのサインとして口内炎ができるとも考えられています。

唇が荒れる

上唇は胃の状態、下唇は腸の状態を反映しやすいと言われています。胃の調子が悪いと特に口の両端が切れる口角炎を起こしやすく、また、口の中の端にぽつんとできる吹き出物は、主に胃腸の調子が悪い時に現れる症状なのです。紫色の唇をしている場合も腸機能の衰えが考えられるため、唇の状態も常に把握していることがとても大切です。

銭谷小角堂では、現代人の弱った胃腸を癒す伝統に支えられた民間薬「陀羅尼助(だらにすけ)」を通信販売しています。陀羅尼助(ダラニスケ)は関西周辺では家庭常備薬として販売され、また修験山伏の持薬として知られていて和薬の元祖とも言われています。数ある漢方薬の中でも人気の陀羅尼助を、是非お試しください。