コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

漢方薬の歴史

近年では効能や安全性が注目され、服用する方も多くなっている漢方薬。そんな漢方薬は、どのようにして私たちに知られるようになったのかご存知ですか?こちらでは、漢方薬の歴史についてご紹介しています。

漢方は日本独自の伝統医学

平安時代の遣唐使派遣によって、中国から日本に生薬や漢方薬、中医学関連書物が持ち込まれました。
動植物や昆虫など生活の中で得られる成分からなる漢方薬は、日本へ渡来した後その土地でとれる生薬、気候、風土、または日本人の体質や生活に合った医学として発展を遂げました。「気・血・水」といった体質を判断する基準は日本独自のもので、現代の医療で用いられている漢方医学・漢方薬は、日本の伝統医学として守られ発展を続けています。

漢方の全盛期は江戸時代

漢方の全盛期は江戸時代

漢方は江戸時代になると、日本の医学としての特徴がますます色濃くなりました。「後世派」「古方派」「折衷派」などの、それぞれの考え方を持つ流派が生まれたのも江戸時代です。

また、漢方薬と呼ばれるようになったのも江戸時代からです。江戸時代にオランダから長崎に流入し、急速に国内で広がった蘭方医学と区別するために日本独自の医学を「漢方」と呼ぶようになったのです。

そのため、中国で漢方薬といっても通じませんし、中国では日本の漢方薬に相当する医薬品は中薬と呼ばれています。

漢方薬が見直されている現代

漢方薬が見直されている現代

明治時代になると天然痘の予防接種という発明があったため、世界的にも医学の主流は西洋医学になっていきました。

しかし、病気に打ち勝つ抗生物質という西洋医薬の中には、人体にとって多大な副作用をもたらすものも少なくありません。そういったこともあり、昭和初期に和田啓十郎が「医界の鉄椎」を出版して漢方の有効性を世に訴えました。

これに感銘を受けた湯本求真が、「医界の鉄椎」出版から17年後に「皇漢医学」を出版すると、漢方は再び注目されるようになり、現代では病理の一層よりも人体の保護という観点で、漢方薬が見直されているのです。

銭谷小角堂では、奈良の伝統薬「陀羅尼助」を通販にて取り扱っています。陀羅尼助は古くからの伝統に支えられた民間薬で、関西地方では家庭常備薬として、また修験山伏の持薬としても知られています。下痢にお悩みの方や胃弱の方、食べ過ぎの方、腹痛にお悩みの方などは是非、陀羅尼助丸をご活用ください。