コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

漢方薬を飲みやすくするコツ

漢方薬にも胃薬や便秘解消薬として人気のものがありますが、においや口当たりなどが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、漢方を飲みづらいと感じた時に試して欲しい、いくつかの方法をご紹介いたします。

甘みなどを足す

漢方薬は水や白湯で飲むのが一般的ですが、飲みにくい時にはどう対処していますか。口に入れるのが辛いという方にも、飲みやすくするための方法として、外から甘みなどを足して飲む方法があります。 漢方薬をできるだけ高温で溶かし、そこにココアや抹茶、インスタントコーヒーなどの粉末を加え、十分に溶かして適温になったら飲みます。飲みにくかった漢方薬も甘みなどでごまかしながら、美味しくいただけます。飲み合わせに問題がないか、事前に必ずご確認ください。

デザートに混ぜる

漢方薬が苦手と感じる方はその独特のにおいが苦手という方も多いです。そんな時は甘さを感じるにおいや味のデザートに混ぜてみてはいかがでしょうか。 例えば、ゼリーやプリンなどは胃腸が弱っている時でも食べやすく、実際にやっているという方も多いです。ただし、食品によっては調理の過程でその効果が弱まってしまうものもあるようなので、必ず医師や薬剤師にご相談ください。

服用後にすぐ寝る

漢方にも様々なものがありますが、口当たりや後味が苦手という方はその風味を消すために、水やお茶を飲んだり何かを食べたりしてしまうことも少なくないようです。 しかし、不規則な暴飲暴食はダメージも大きく、胃腸薬の効果を弱めてしまいます。漢方薬は自然治癒力を高めるという考えのもとに作られているということもあり、その効果を更に引き出すために服用後、睡眠を取ることが推奨されています。

※上記はあくまで一般的な内容です。
すべての漢方薬、医薬品にあてはまるわけではありません。本来はそのまま飲んでいただくことが一番です。
陀羅尼助をはじめとする漢方薬には、苦味やにおいにより効果を発するものがあるので、そのような類の薬では作用が減弱することがあります。

銭谷小角堂で販売している陀羅尼助(ダラニスケ)は人気の漢方薬です。体のために服用する薬は、飲みづらさがストレスとなる場合もあるのではないでしょうか。他にも飲みやすくする方法は様々あると思いますので、医師・薬剤師へご相談いただいた上で色々な方法を試してみてください。