コラム
カートの中身を見る

商品カテゴリー

ご注文はこちらからもしていただけます。

陀羅尼助丸
雑貨・お菓子

ご利用について

よくあるご質問

メニュー

  • 銭谷小角堂からのお知らせ
  • 大峯山・洞川温泉

銭谷小角堂店舗のご案内

銭谷小角堂店舗外観

〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川254-1
フリーダイヤル:0120-146-046
TEL:0747-64-0046
FAX:0747-64-0011

店舗のご案内・アクセスはコチラ

モバイル

QRコード twitter 銭谷小角堂のつぶやき Facebookページでも情報配信中

コラム

関連コンテンツ

胃腸不調による身体の変化

日本人は他国と比べ、最も胃腸の病気が多い人種だと知られています。日本人特有の生活習慣や生活環境、食生活が原因ではないかといわれております。胃腸不調は、身体の他の部分にも悪影響を及ぼします。少しでも胃腸不調を感じたら、是非、陀羅尼助を摂り入れてみてはいかがでしょうか。
こちらでは、胃腸不調による身体の変化についてご紹介していきたいと思います。

風邪

胃腸の機能が弱いと、風邪をひきやすくなるといわれております。それは、無理にたくさん食べたり飲んだりすることで、もともと弱い胃腸に負担がかかってしまい、身体全体が疲れたりすることが原因だと考えられております。風邪のひき始めには身体を暖かくして、風邪薬の効果効能をよく確認して服用してください。

また、気温が上昇する夏場には、冷たい物を多く摂ってしまいがちです。冷たい物は、胃腸の機能を低下させてしまい、だるさを感じ、夏バテになりやすいので注意が必要です。夏バテ対策として、弱い胃腸を癒す「陀羅尼助」などの漢方胃腸薬を摂り入れてみると良いでしょう。

肌荒れ

胃腸の働きは、ストレスによって悪化することもあります。ストレスによる胃腸不調は肌荒れとして現れることも多いため、ビタミン剤を摂り入れても改善されないことも多いです。中には、ストレスに気づかない方もいらっしゃいます。
最近、「夜になると無性に甘いのが食べたくなる」という方は、ストレスによる影響かもしれません。

夜遅くから甘い物を食べてしまうのも、胃腸にとっては負担となりますので、日頃からできるだけストレス解消できるように努めていきましょう。ストレス社会で生活している私たちは、ストレスの無い生活をするのはなかなか難しいことです。
少しでも胃腸に異変を感じた時は、陀羅尼助に頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

肩こり

胃腸不調による身体の変化

「左肩だけがこる」という方はいらっしゃいませんか?それは、胃腸不調からくる肩こりかもしれません。一見、胃腸と肩こりに関連性は無いように思えますが、じつは、この肩こりの原因といわれている「物理的要素」と「精神的要素」が胃腸不調と大きく関係していることが知られているのです。精神的要素は上記の「肌荒れ」と同様、ストレスによる原因です。

一方、物理的要素とは背中や肩、首、腕、胸などの筋肉が緊張状態になっていることを示しています。これらの筋肉の中には、胃と繋がっている筋肉がいくつかあるといわれております。
その筋肉は、胃が疲れることで起こる血行不良が原因で、動きが悪くなり肩こりを発症させてしまいます。「左肩だけがこる」というのは、胃と繋がっている筋肉が身体の左側に多いからではないかといわれています。胃腸不調による肩こりは、胃腸を癒していくことが先決です。

その他、胃腸不調による「鼻炎」や「蓄膿症」「手湿疹」も考えられています。身体への負担をなくすためにも、是非、胃腸を労わることから始めてみませんか。銭谷小角堂では、和漢胃腸薬、陀羅尼助丸を通販でご紹介しております。
下痢や腹痛に悩まされている方、一度ご覧になりご検討されてみてください。